75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2014年05月28日

大野克夫〜太陽にほえろ!のテーマからコナンのテーマまで


幼い頃はグループサウンズ全盛期で、今でも印象に残っているのは赤松愛と野口ヒデトのオックスや当時の子供達が替え歌を歌った『ブルー・シャトウ』のブルー・コメッツ、『好きさ好きさ好きさ』のザ・カーナビーツ、爽やかなザ・ワイルドワンズ、ジュリーのザ・タイガース、ショーケンのザ・テンプターズ、そして、マチャアキ、ジュンちゃんのザ・スパイダース。

いま聴いてもドラマチックな楽曲が多い。

大概はボーカルのマチャアキやショーケンやジュリーが前に出て来て目立つわけだが、小学生の私はザ・スパイダースのキーボード・大野克夫さんが好きだった。

赤松愛や野口ヒデトやアイ高野は子供にはインパクトが強いキャラだった。

ショーケンは個性派。

ジュリーは色っぽくて綺麗な印象。

マチャアキとジュンちゃんは笑いがとれるバンドマン。

でも、小学生の女の子は個性派揃いの賑やかなスパイダースの中では、静かな優しい微笑みを見せるハンサムな大野克夫さんがとても好きだった。

グループサウンズ旋風も下火になり、次々と解散して行き、ある人はソロの歌手に、ある人は俳優の道へ、ある人達は新たなバンドを組み、それぞれの可能性に挑戦した。

ほどなくして、伝説の刑事ドラマ『太陽にほえろ!』が始まる。

あのショーケンが主演である。

ボスは日活映画の大物スター・石原裕次郎。

ローティーンの女の子には石原裕次郎さんの偉大さは分かっていない。

でも、ショーケンのアンチヒーロー的な格好良さと『太陽にほえろ!』のオープニングの格好良さは新鮮なものだった。

マカロニ(萩原健一)殉職の後に七曲署にやって来たジーパン(松田優作)が走る時によく使われた“青春のテーマ”も好きだった。

これらの曲を聴くと今も気持ちが高揚する。

もう少し成長してから知る事になるが、なんと、これらの作曲者は大野克夫さんであった。

ショーケンがこの後、主演したドラマ『傷だらけの天使』のテーマ曲もオープニング映像とあいまって、当時新鮮なものだった。

今でも十分かっこいい♪

今のドラマは小さく小さくまとまっている感じ。あの頃のドラマは破天荒さや無国籍さでスケールも大きかった。

続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 20:52 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中哲司〜今のドラマを語るになくてはならない存在


ビター・ブラッド鍵山班。

一癖も二癖もある連中が、ひとたび事件が起こると意外性あるチームプレーで難問解決!

これ、結構面白い♪

昨夜の第7話。

かねてから伴侶を求めて婚活に勤しんでいた結婚願望の強い古雅久志(田中哲司)が、とある婚活パーティーで10日前に出会った佐藤真琴(上原多香子)と既に結婚を決めたと言う。

自分の送り迎えに車の免許が欲しいと言われ真琴に教習所費用を出し、200万円の指輪を買う約束もしていると嬉しそうに話す古雅に、鍵山班メンバーは騙されているのではないかと疑いの目を向ける。

そこへ、結婚詐欺にあったかもしれないという男性が相談にやってきた。聞けば、古雅の話しと寸分違わぬ状況。

それでも古雅は皆の声に耳を傾けない。

古雅を一見クールに、その実お茶目に演ずるは田中哲司さん。


☆田中 哲司(たなか てつし)

生年月日 1966年2月18日(48歳)
出生地 三重県鈴鹿市
身長 182cm
血液型 A型

事務所 鈍牛倶楽部

日本大学藝術学部演劇学科卒業

小林薫さんに憧れて、今では交流もあるそうな。小林さんは『カーネーション』で、糸子の屈折したあかんお父ちゃんを演じておられますけど、あんなん演らしたら右に出る役者おらんよね。

田中さんは蜷川カンパニー、ZAZOUS THEATER作品、その他にも串田和美、岩松了らの演出家の舞台作品に数多く出演。2005年には新国立劇場で上演された舞台『城』に主演。

ご実家が造園業で、趣味はガーデニング。ご自宅のルーフバルコニーで多くの植物を育てていらっしゃるのですって。植物の知識も豊富で、共演者から草木の世話に関する相談を受けることもあるってwikiに書いてあったから、かなりのツワモノ!

舞台で鍛えられた田中さんは、今やテレビドラマでは欠かすことの出来ない存在に♪

その安定した演技ばかりでなく、実はなかなかの2枚目だと思うのですけど、如何です?

鈍牛倶楽部公式プロフィール

皆が制するのも聞かずに、古雅は高額指輪を買い求め、今まさに真琴に差し出そうとしている。

鍵山班総出で、高級ホテルへ出向き最後の説得を試みようとする。

6人が芝生に寝転がってSOSの人文字を作り、何とかアピールしようとする。

仲間の思いは古雅に伝わるのか!?


古雅は真琴に指輪を渡さんばかり。

古雅よ、お主もただの男か・・・

真琴と向き合った古雅の手には

指輪の他に・・・

カチャ!


それは手錠の音であった。

めでたしめでたし。
posted by 遅咲き櫻 at 11:59 | テレビドラマ今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

佳那晃子〜美しさと演技力を持つ女優の過酷な人生と現在


本当に美しいひとだ。

その美しさで妖艶さを魅せる。

その美しさで女の凄みも魅せる。

そんな佳那晃子さんが、昨年倒れられて今も闘病中だと知った。

それは、5月16日の『爆報!THE フライデー』の中のひとこまだった。

とある病室の光景が映し出された。

くも膜下出血で意識障害を起こして寝たきり状態の女性の姿があった。

その病床の人があの佳那晃子さんだという。


☆佳那 晃子(かな あきこ)

本名 関田 祐子
別名 大関 優子
生年月日 1956年3月8日(58歳)
出生地 日本・東京都八王子市
身長 158p
血液型 O型
配偶者 源高志
事務所 オフィスPSC


『ときめきの午後』のスタイリッシュな佳那晃子さんと篠塚勝さんの夫婦役が強く印象に残っている。それ以来、佳那晃子さんの美しさと演技には特別なものを感じていた。

佳那さんは2013年1月10日自宅でクモ膜下出血で意識不明状態となり病院に搬送されていたそうだ。

その時、医師からは病状が最も重い「重度5」であり、脳死もしくは植物状態であると診断されたとのこと。が、蘇生措置により回復、その後の治療の結果、同年8月には問いかけに手足の動きや瞬きなどで反応するまでに。

以前も大病されていて復活を成し遂げた強い女性でもある。偶然にも克服後の佳那晃子さんを拝見して、わりと早口でサバサバと語る姿に益々好感を持った。

ご主人の放送作家・源高志さんの作った借金を返済している時の話にも明るさがあった。

同じく『爆報!THE フライデー』で拝見した風祭ゆきさんもそうであるが、妖艶さを演ずる女優さんにかぎって、その実、サバサバした男性ぽい性格の方が多いように思う。

先週の放送では、今の佳那晃子さんをテレビカメラが映す事に疑問があった。佳那さんの意思以外でそれはどうなのだろうかと、、、

今この時もそんな気持ちが離れない。

でも、今は治療が必要なのだ。そのための費用も当然必要になる。

あの才能ある美しい女優が病と闘っている。

私が感じた性格のままならば、その女優は自分の美しさに頓着はしていない。彼女はネフローゼ症候群後、堂々とカメラの前に立ち、その闘病を笑顔で語った女優だ。

感傷に浸るのは「最初の1分でいいのよ」と人懐っこい笑顔を満面にたたえながら言いそうなひとだ。だからこそ余計に切ない気持ちにもなるが、感傷の涙よりも「頑張れ」の威勢の良い応援が彼女には似合う。

今夜、19時から放送される。

TBS系列 『爆報! THE フライデー

佳那晃子さんのご快復をお祈り致します。

posted by 遅咲き櫻 at 16:14 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

トレイシー・ウルマン〜They Don't Know


80年代、洋楽のプロモーションビデオが楽しかった時代です♪( ´▽`)

いま観れば野暮ったいのもありまするが、音楽としては今でも古臭くないんではない?


They Don't Know(邦題“夢みるトレイシー”)

ポール・マッカートニーさん、ご出演。


夢みるトレイシー

Xmasシーズン好きなせいか、私はこちらの方が印象深いです。

トレイシーの声がいいですね。表情も豊か♪

同じ時代のシンディーちゃんもマドンナも良かったのですけれどね♪

当時はトレイシーを深追いしなかったのですが、トレイシーて故国イギリスではミュージカルの舞台で名を売り、BBCのテレビシリーズに出演して、舞台やテレビで数々の賞を受賞していた人気者だったのだ!

そして、1980年代にアメリカに渡り、1987年よりトークショー『The Tracey Ullman Show』の司会を務めてアメリカでも成功♡

ドラマ『アリー my Love』にも出演し、どちらでもエミー賞を受賞。


☆トレイシー・ウルマン(Tracy Ullman)

生年月日 1959年12月30日(54歳)
出生地 イギリス・バークシャー州スラウ
配偶者 Allan McKeown (1983年〜)

『トレイシー・ウルマン・ショー』
『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』
『デブラ・ウィンガーを探して』など出演

コメディエンヌであり歌手であり、要するに日本の「ちょっと歌のレッスンした程度ですけど歌います。ちょっと名前が(ゴリ押しで)売れたんで、今度は映画の主役もします。映画はこけましたけど、ドラマもやります。」のタレントとは違って、トレイシーはダンスも歌も演技もコメディも出来る本格派。

ほんの数分のプロモでも世界中の人達を十分に楽しませてくれるわけですね。


“夢みるトレイシー”たまに聴きたくなる一曲です。

ドラマもいいけどお歌もね。

ここしばらくは歌の気分。
posted by 遅咲き櫻 at 00:49 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

CHAGE and ASKA


ニュースを見る限りでは、チャゲ&飛鳥はもしかしたらもう二度と活動することはないのかもしれない?

こんな結末だとしたら本当に最悪である。


☆ASKA(飛鳥涼)

本名 宮ア重明
生年月日 1958年2月24日(56歳)
血液型 A型
学歴 第一経済大学卒業
出身地 福岡県大野城市

1979年にチャゲ&飛鳥としてデビュー

事務所 ロックダムアーティスツ


☆Chage(CHAGE、チャゲ)

出生名 柴田秀之
生年月日 1958年1月6日(56歳)
血液型 B型
学歴 第一経済大学中退
出身地 福岡県北九州市小倉北区

1979年 チャゲ&飛鳥としてデビュー

事務所 ロックダムアーティスツ


1984年 "石川優子とチャゲ" で発表した「ふたりの愛ランド」がヒット。

石川優子さんもチャゲも可愛い♡


「ふたりの愛ランド」
チャゲ、松井五郎(作詞)
チャゲ(作曲)

チャゲの明るい持ち味が生かされていて思わずウキウキしてしまう楽曲になっている。

チャゲ&飛鳥では飛鳥がメインをとりクローズアップされがちだが、チャゲの音域の広さとその美しい歌声、メリハリのある歌唱は特筆すべきだと強く思う!

そして、明るく活発なチャゲの存在がチャゲアスの存在感を光らせる。

オフィシャルウェブサイト

陰と陽とまでは言わないけれど、ふたりの役割はきちんと決まっていて、ふたりだからこそ出来た輝かしい栄光だったのだと思う。

陰陽は単純に分かれるものではない。それぞれが入り混じっているのものであるから、表向きの見えている部分だけで判断出来るものでもない。

今回のコメントを発するチャゲの態度や言葉はチャゲの歌声と同じで、ハッキリとしたものであった。

チャゲは飛鳥の問題を知っていたのだろうが(どの程度かは分からないけれど)、本人に注意すること以外に「こうしたらよかったんじゃないの」的な感想は賢ぶる野次馬の身勝手な言い分だ。本当に自身がそれを出来るかどうかは別問題としてね。

チャゲの名前をもじったりする報道には嫌悪感しかない。

どんなに名前が売れても分を弁えるということと、擦り寄る不埒な輩の氏素性、品性を見抜く力と、危ないと感じたら後戻りする勇気を持てることが必要だと感じた。

まぁ、名前が売れるおそれは金輪際ありませんが、有名な方も有名ではない方もお気をつけあそばせ、でございます。


posted by 遅咲き櫻 at 13:15 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする