75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2014年07月29日

敬宮愛子内親王殿下、伊勢神宮初の参拝に際し、三重県民の熱烈歓迎を受けられる。


本日、皇太子・同妃両殿下、そして敬宮愛子内親王殿下が揃って伊勢神宮を御参拝されます。

愛子内親王殿下は初の御参拝。

皇太子妃殿下は20年ぶりの御参拝。


皇太子殿下、皇太子妃殿下、敬宮愛子内親王殿下
28日三重県に御到着


三重県の皆様の熱烈なる歓迎を受けられて和かな御様子です。


愛子内親王殿下がお健やかに御成長されるに従い、妃殿下の御体調も少しずつ良くなられている様にお見受け出来る事は嬉しい限りです。

伊勢神宮に御参拝されて伊勢の御神気に触れられ、ますます心身の御健康が叶います様お祈り致します。

放送委員の敬宮愛子内親王殿下は伊勢神宮の式年遷宮の話題にも触れられたそうです。

御参拝の御様子を早く拝見したいものです。


いつの頃からか、、、平成の世になってからか、、、タガが緩んだかの様に皇室批判が噴出しています。

保守を謳いながら公然と批判を繰り返す輩もいます。これらの人々は本当に日本人なのか?
何者かに躍らされ、まことしやかに皇室に関するあらぬ事を拡めるなど、日本人には出来ない芸当です。

公の方々とはいえ幼子にまであらぬ噂話が言及された時点で疑問が湧くだろうと思うのですが、未だとどまる事を知らないところを見ると「本当に日本を壊すつもりなのだな」「その為に日本人の魂の支柱から壊していくつもりなのだな」「そんな連中がいるのだな」と確信します。

これが続いている間は、更なる国難が日本を襲うであろうという絶望感が消えません。

人には人それぞれの考え方がありますが、日本には日本の古来よりの理があって、それを踏みにじろうとするモノにはそれなりの天罰が下るでしょう。

開かれた皇室と言われて久しいですが、開かれ過ぎるのはよく無いのだとつくづく感じる平成の世です。

参拝された皇太子殿下、妃殿下、愛子内親王殿下に伊勢の神様が微笑まれると、仇なす輩に天誅が下るやも知れん。

だいたい、皇室のどなたかのお気持ちを察して語る得体の知れない皇室評論家とか関係者などの言葉に疑問を持たずに耳を傾けるなど愚かしい。

畏れ多くも皇室の皆様のお気持ちを「察するなーーー!」


posted by 遅咲き櫻 at 10:02 | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

『ジョジョの奇妙な冒険』エンディング


ジョジョ初心者マークなんすけど、もう一丁行っていいっすか?

勝手に行きますけど。

エンディングを聴いて「これってすっごく久しぶりなんすけど〜」

ガールズバンドって言うとお軽い感じに聞こえますけど、70年代、80年代には同世代のイケてるロックガールズがいました。

ジョジョのエンディングは『MANIC MONDAY』でもその名が知れている

☆バングルス(The Bangs)

スザンナ・ホフス (Susanna Hoffs)
 (1959年1月17日 - ) ヴォーカル、ギター

ヴィッキー・ピーターソン (Vicki Peterson)
 (1958年1月11日 - ) ギター

デビー・ピーターソン (Debbi Peterson)
 (1961年8月22日 - ) ドラム

マイケル・スティール (Michael Steele)
 (1983年-2005年) ベース、ギター

旧メンバー
アネット・ジリンスカス (Annette Zilinskas)
 (1982年-1983年) ベース

楽曲は『エジプシャン

懐かし〜〜🎶

なかなか魅力的なバンドです。

綺麗なお姉さんは好きですか?


いやぁ〜、80年代ロックって本当にいいですね〜♪(水野晴郎さん風)


BANGLES公式サイト






posted by 遅咲き櫻 at 16:28 | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョジョの奇妙な冒険〜ポルナレフてあのポルナレフ?


『ジョジョの奇妙な冒険』というアニメを娘が好んで観ているのですが、傍でスマホを眺めながらふと耳に入って来た「ポルナレフ」という名前に懐かしさを感じました。

まだローティーン、ラジカセから流れてくる音楽のジャンルには特にこだわりもなく「あ、これ好き♪」「これはまぁまぁ、かな〜」こんな程度の軽いノリで漫画本読みながら聴いていた時代です。

フランスの音楽は『夢見るシャンソン人形』や『アイドルを探せ』今でも好んで聴いている『あなたのとりこ』それから『オーシャンゼリゼ』などなど、多くの楽曲が流れていたので親しみはありました。

ダニエル・ビダルという可愛いアイドルも人気者でしたね〜♪

う〜ん、懐かしいっ(≧∇≦)

ある時、フレンチポップスというジャンル分けをしたミッシェル・ポルナレフという名前が、キャッチーな『シェリーに口づけ』と共に度々耳に入って来るようになりました。

YouTube様には感謝かんしゃの雨あられの気分でありまする。

動画主様、ありがとうございます。

なんと、おじさんになったポルナレフをはじめて観てしまいました。

悪くはない。

私が本当にミッシェル・ポルナレフを好きになったのは『火の玉ロック』から。

忘れじのグローリア

このアルバム、もちろん当時はLPレコードです。

『ポルナレフ・ナウ』

何度も何度も聴いていました。

あのレコードの匂いやレコードの温かな音が、体と心の一部分に微かに残っていると感じます。

愛の休日

あの当時、歌うポルナレフを観たのかどうかが記憶にないのですけれど、田舎の人見知り中学生には東京のライブに行くなどという考えは微塵も無かったですよ。

そんなものだから、何十年も経ってYouTubeでいきなりおじさんのポルナレフ、しかも、かなりマッチョな感じになっているポルナレフの歌う姿を観てしまって、気持ちはあの頃のまんまでウキウキ気分で探し当てたYouTubeの中のおじさまポルナレフに、新たなるドッキドキの気分で、久々のティーンエイジャー気分に包まれておりますよ。

おじさまポルナレフはそれほど好みじゃない。そもそも、ポルナレフはビジュアルで好きになったのでもない。

いやいや、風変わりテイストなポルナレフに惹かれておったのかも知れない。何せ、好きになる対象に周りが賛同してくれない事が多い中学生だったから。

世界は広いけれど、私の生まれ育った所は狭かった。関わる人が少なかった。

60年代、70年代、80年代は音楽も映画もドラマも楽しかったし、人にも個性があったのです。

『ジョジョの奇妙な冒険』には他にも洋楽ファンの心を揺さぶる名前が出てくるそうです。

ツェッペリンにトム・ペティにダイアー・ストレイツに・・・作者さんて好みを前面に出してきてるのだろうか?そのうち調べてみよう。もっとジョジョを知ってみよう。

だって、私の思い浮かんだジョジョは・・・

JOJO

ボズ・スキャッグスのジョジョですから( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ま、これも素敵やからよかろうて。


ジョジョ初心者マークでゴメンね〜。

posted by 遅咲き櫻 at 15:14 | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

ロッキー・ホラー・ショー♪〜本格的な夏到来に先駆けてホラーを観ましょ♪


70年代半ば、私は新御三家から徐々にBCRに始まるイギリスアイドルグループに心が移りつつあった。

愛読書といえば洋画雑誌『ロードショー』『スクリーン』やイギリスアイドルグループが載る音楽雑誌。


ある時、洋画雑誌に奇抜な姿のフォトを見た。

その時はそれだけの事でおしまい。

その映画を映画館に足を運んで観る様な女の子ではなかったんだな。

でも記憶には残っていた。


大人になってから好きになったスーザン・サランドンの代表作には、この映画がついてまわる。

それでも、長くご縁がなかった。

ん十年も経って、何故か急に思い立ち、とうとう観たのだ♪


“THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW”

英  1975年 99分

監督 ジム・シャーマン

原作 リチャード・オブライエン

出演 ティム・カリー(フランクン・フルター博士)
   スーザン・サランドン(ジャネット・ワイズ)
   バリー・ボストウィック(ブラッド・メイジャース)
   ジョナサン・アダムス(スコット博士)
   ミート・ローフ(エディ)
   パトリシア・クイン(マジェンタ)
   リトル・ネル(コロムビア)
   チャールズ・グレイ(犯罪学者)
   リチャード・オブライエン(リフ・ラフ)

続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 00:24 | テレビで映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

浅田真央先生登場


休養中の浅田真央選手、ラジオ番組に登場♪

真央ちゃんの声って癒されるのよね(^-^)

スクール オブ ロック〜浅田真央先生の巻

動画主様、素敵な音源をアップして下さり、ありがとうございます。

今までの色々な場面でのインタビューやバラエティ番組を観ても感じることですが、決して人を不快にさせないで、相手の悪意をも真央ちゃんワールドに巻き込む懐の深さと頭の良さを持ち合わせる女性です。

饒舌とは違うけれど、今どき女子アナのつたない日本語に比べても分かりやすくて丁寧で穏やかで、日本語が耳にも体にも心にも優しい真央ちゃんの声と言葉です。

休養中といっても、新プログラムを練習する日々だそうです。

あのタラソワ先生が「練習のし過ぎだから休みなさい」と注意するほどの練習熱心な真央ちゃんだそうですから、休養宣言は大会には出場しないというだけの意味で、フィギュアスケーターであり続ける姿勢が伝わってきます♪

ファンには嬉しい情報です。

あなたも真央ちゃんワールドへ♡

心地良くて眠ってしまいそうです。^_^
ラベル:浅田真央選手
posted by 遅咲き櫻 at 18:05 | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする