75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2014年12月29日

町田樹選手の引退



フィギュアスケートには昔から八百長らしきものはありましたが、力の拮抗した選手同士の国と国のやり取りで、今回はうちが1位貰って、次はそっちが勝ち、そんな感じでした。

ソルトレイク五輪ではカナダとロシアのペア同士でその調整がうまくいかなかったのか、カナダペアから抗議の申し立てが起こり、結果2組の金メダリスト誕生となりました。

まぁ、それも変な話ではありますが、フィギュアスケートとはそんなモヤモヤ感が残る競技でした。

それでも古くからのFSファンは自国、他国に関わらず全ての選手に拍手喝采を送り、分け隔てなく応援をしていました。

私は本田武史選手を応援しながらも1番好きだったのはロシアのヤグディン選手でした。

その前はロシアのクーリック選手。

女子はアメリカのクワン選手が長く活躍していましたが、私は彼女の演技を退屈だと思っていました

ロシアのブッテルスカヤ選手の女性らしさとスルツカヤ選手のゴム毬の様に弾ける演技が好きでした

日本におけるもうひとりのレジェンド・伊藤みどりさんは当時の女王ビット選手より断然好きでした

「 日本人なら日本人選手を応援しろ!しないのはおかしい 」

そういった感覚はFSファンには昔から無かったのではないかなぁ。

「 今までの選手の中で好きなスケーターは? 」

そんな問いがあったら外国人選手の名がドンドン出てくるはずです。

でも、今だったら日本人選手が上位にくるでしょう。

時代は変わりました。



続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 18:16 | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

レベッカ


朝ドラ離れのこの時期に“ ごちそうさん ”ダイジェストを観て、改めてその面白さを感じ、泣き所も沢山あったことに気付かされました。

このドラマに名物キャラは何人もいますが、敵役に徹したイケズ小姑・和枝姉さんに久しぶりに会って、通しで観た今日の方が女・和枝さんの切なさや悔しさがズシンと響いてきました。

和枝さんて、ヒッチコック映画“ レベッカ ”のダンヴァース夫人に似たところがありません?

もちろん、和枝さんにはあんな深刻さはないけれど、新参者の女主を追い出そうとする怖さは和枝さんにも感じるところがありました。


ヒロイン( ジョーン・フォンティーン )がお金持ち夫人のお供で旅をしている時に、イギリスの富豪マキシム・ド・ウィンターに出逢い見染められ、そのまま人も羨むウィンター夫人となる。

元々の控え目な人柄と身分違いにウィンター邸のあるマンダレーでの生活に臆するヒロイン。

その上、一年前に亡くなったマキシムの奥さん・レベッカの影に脅かされる。

敬愛する亡き女主・レベッカを慕い、マンダレーの主にはレベッカしかいないと、新しい女主人に思わせて追い出そうとする家政婦のダンヴァース夫人。

しかし、マキシムにはヒロインが思い悩む程のレベッカへの想いはなかった。

レベッカとの結婚は純粋な愛情で結ばれたものではなかった。

レベッカはその類稀なる美貌と社交性でウィンターの名を高める代わりに、贅沢三昧・放蕩三昧でマキシムを悩ませていた。

その上レベッカにはジャックという愛人がいて海辺のボート小屋が逢瀬の場だった。


続きはこちらから
ラベル:レベッカ 朝ドラ
posted by 遅咲き櫻 at 21:08 | テレビで映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

フィギュアスケートNHK杯


村上大介選手1位、無良崇人選手3位、宮原知子選手3位と日本人選手も健闘しました。

その昔、日本のフィギュアスケートのテレビ放送といえばNHKでした。

それが日本にどんどんスター選手が育つと、民放各社が触手を伸ばして、アマチュア選手をタレントの様な扱いをして、つまらない枕詞を付けたり、まるでお安いショーの様な放送ぷりでした。

古くからのFSファンは、日本人選手だけを観たいわけではない。ペアもアイスダンスも観たい。出来れば下位の選手から順番に観たい。( 技術の差が素人目にも分かる様になります )

淡々と競技を観せてくれる事だけを望んだのでした。

しかし、今回のNHK杯の放送ときたら、、、

NHKまでもが民放化してしまったフィギュアスケート競技の放送でした。

でも、NHKは日本人からだけは受信料を徴収する日本の公共放送です

偏向報道がある事は知っていましたが、まさか、こんな酷い放送をするとは思いも寄らない事でした。

無良選手はSP1位発進でした。村上選手は3位。

それなのに5位の選手ばかりにスポットライトを浴びせ、彼等の健闘は無かったかの様な放送ぷりでした。

まるでその選手が優勝しなければいけないかの様な、そんな雰囲気を作り出していました。

唯一フィギュアスケート放送に関してだけは信頼していたのに、もう今後フィギュアスケート放送に関しては希望がなくなりました。

もう一度確認しますが、NHK様は日本人だけから受信料を徴収して、そのお金で番組を作っている日本の公共放送です。

これでいいのか?NHK❗️


続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 16:42 | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする