75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2018年08月14日

「夜のヒットスタジオ」のひとこま


10代の頃の男性アイドルといえば新御三家に尽きる。

ちょっとお兄さんだった彼らはこれからもそれぞれの活躍の場があったはずだった。


2018年5月16日63歳でヒデキが逝ってしまった。

テレビで訃報のニュースが流れても信じられなかった。

2003年、2011年と2度の脳梗塞発症で右半身麻痺と言語障害の後遺症が残り、残念ながらあの激しいアクションのヒデキとは違う姿になってしまっていたが、懸命なリハビリを続ける姿にはヒデキの本質が表れていた。そして、その姿を見せてくれたヒデキには「やっぱりヒデキ最高!」と応えたい。

大人のヒデキも素敵だったけど、10代 20代の頃のヒデキはとにかくかっこよくてね

The Three Degrees 「When I See You Again」

このザ・スリー・ディグリーズの真ん中のお姉さまが、夜のヒットスタジオで日本の男性はどうですか?的質問をされ、その時の共演者の中からヒデキを選んでセクシーだと言ったのさ

ヒデキは嬉しそうにはにかんでいた。・・・10代の小娘にはそう見えた。

堂々としていて、海外からのお客様の前でも見劣りしなかった。

ただそのことだけが記憶に残っていて、その時の楽曲が「天使のささやき」だったかどうかは覚えていない💧

「天使のささやき」はその頃も今も大好きで、だからその時はヒデキよりスリー・ディグリーズ目当てで観ていたのではなかろうかと思う。

ヒデキも何を歌っていた頃なのか、何を歌ったのか覚えていない。


西城秀樹「恋する季節」

結局デビュー曲

今はこの曲が一番!

声が若くて可愛い



(´・ω・`).oO(いつの間にかシニアウーマン・・・でもね、10代の頃の気持ちって不思議と蘇ってくるもんなんだよ)

posted by 遅咲き櫻 at 22:48 | 亡きスターへのカーテンコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする