75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2018年08月11日

有馬稲子〜名女優の終の住処


その名優は年齢を感じさせない確かな声と言葉でやや早口で語る。

舞台で鍛えられたものだろう。

実父からの暴力、名監督との不倫、大スター同士の結婚と破綻、2度目の結婚も夫の倒産で全財産を失い離婚。

その波瀾万丈の人生を「おかしいでしょ、とにかく喜劇的なの、私の人生ってものは」と、笑いながらあっさりと語ってしまう。

その人は有馬稲子さん


◇有馬稲子

本名 中西盛子(なかにしみつこ)

生年月日 1932年4月3日

出生地 大阪府豊能郡池田町
(現:池田市)

血液型 A型


舞台『はなれ瞽女おりん』はライフワーク。

映画では『彼岸花』が好き。

タカラジェンヌ的雰囲気を感じさせない女優さんだな。


平成19年に荷物を整理して中高年者用分譲マンションに移られた。

そこでは色とりどりの花を育ててマンション住人の方たちと交流していらっしゃる。

「宝塚時代は青春時代の花園。でも、何も若い時だけが花じゃないんですからね。歳を取っても美しいものを持っていたいですね」

毅然として語られる人生の大先輩の八十路の生き方と言葉はシニア世代にとっては憧れだ✨

苦労を苦労として語らぬを心がけている私にとっては、有馬稲子さんの語り口の鮮やかさは最上のお手本✨

浅丘ルリ子さんもわりと早口でシャキシャキと話される。そして、石坂浩二さんの離婚の際の言動を笑いながら話されていた。

女優は男だって聞くけど、男より男前なイメージが付いている。


有馬稲子の喜望峰


有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

ラベル:有馬稲子 女優
posted by 遅咲き櫻 at 21:36 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

テイタム・オニール〜ペーパー・ムーンで魅せた子役ぷり


70年代、ティーンアイドルとして群を抜いていたのはテイタム・オニールだった。

『ある愛の詩』で一世を風靡したライアン・オニールを父に持ち、父娘共演で幸せな2世アクトレスとして順風満帆のように見えていた。

日本での人気は10代のスターの中ではダントツだった。

☆テータム・オニール(Tatum O'Neal)

本名 Tatum Beatrice O'Neal
生年月日 1963年11月5日
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
配偶者 ジョン・マッケンロー (1986 - 1994)

アカデミー賞助演女優賞
1973年『ペーパー・ムーン』

ペーパー・ムーンメイキング

そんな順調に見えたテイタムだったが、やはりいつの間にか名前を見かけることがなくなっていた。

テニスコートの暴れん坊ジョン・マッケンローとの結婚で久しぶりに名前を聞いたのも、もうかなりの昔話になってしまった。

マッケンローとの間に3人の子供に恵まれるが、1992年に離婚。離婚時、テイタムがヘロイン中毒だったので、3人の子供の養育権はマッケンローが持ったそうだ。

ハンサムな父との共演など、幸せを絵に描いたようなあの少女には、ひとには言えない苦悩があったようだ。

両親からの虐待、父親にドラッグを売っていた売人からの性的虐待、子役としての全盛期に何度も繰り返した自殺未遂。2005年刊行の自伝での告白は、すべての明るい想像を裏切る。

どちらかと言えば、ジョディの方が若くして憂いが感じられた。

フィルターごしの人物像など、その真実はなかなか分からないものだ。と、つくづく思ってしまった。

続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 17:07 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスティ・マクニコル〜あの時、君は若かった


『ロードショー』
『スクリーン』

雑誌の中に眩いばかりのスター達が明るい笑顔を振りまいていた。

私よりも少し年下の才能ある女優が数人、70年代後半から80年代はじめの頃の映画を活気づけていた。

だが、80年代も半ばに差し掛かると、その名前は雑誌の中に見つけることはなくなっていた。


☆クリスティ・マクニコル(Kristy McNichol)

生年月日 1962年9月11日
出生地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優、歌手
配偶者 Martie Allen
主な作品
『ファミリー/ 愛の肖像』、『リトル・ダーリング』

1970年頃から兄のジミー・マクニコルと共に子役としてテレビコマーシャルなどに出演し始める。

私の記憶の中のクリスティは10代のボーイッシュな明るい笑顔まで。

今回ネット上にある彼女の情報には驚きがあった。

18歳の頃には過労や仕事への酷評から精神疾患に陥り、仕事が続けられない状況だったようだ。

1980年代半ばに一時休養。
1988年にカムバック。
テレビのホームコメディーシリーズで主役の一人を演じ好評を得るも、1992年に鬱症状のため番組を降板。再び表立った活動は少なくなり、2001年には正式に引退を宣言。その後は演技学校で教えたり、チャリティ活動への専念が報じられているそうだ。

クリスティ・マクニコル

若かりしマット・ディロンやテイタム・オニールもちらほら♪

さよならジョージア

素朴さがいい。


今が幸せであれば嬉しい。


関連記事
テイタム・オニール〜ペーパー・ムーンで魅せた子役ぷり
ダイアン・レイン〜ストリート・オブ・ファイアー
posted by 遅咲き櫻 at 16:04 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

椎名林檎“NIPPON”


椎名林檎、かっこいいなぁ♪

久しぶりに歌で興奮して泣けて来た。

きっと、日本(代表)応援歌だから♪

image.jpg

http://jplyrics.com/j-pop-lyrics/nippon-pv-kasi-full-mv.html

こちらで、椎名林檎の威勢のいい“NIPPON”をバックに、サムライブルーを着て日の丸を背負った日本代表選手達が闘う凛々しい姿が見られます。

かねてから椎名林檎の使う日本語には惹かれるものがあったけれど、それとは相反する感覚・・・奇を衒って無理矢理使っている言葉ではないか?もしや、似非文学女子ではないか?・・・という思いもありまして、椎名林檎に対しては好きとか嫌いとか以前のモヤモヤ感がありました。

でも、ここでは椎名林檎のそんな日本語の力が生きています。

世界で精一杯闘う侍達を、何ものにも囚われず精一杯応援して、時に歓喜し、時に悔し涙にむせぶのはいいもんだ!

その時、日本は一つになる!

椎名林檎さん、素敵な歌をありがとう。

混じりっけの無い青が大好きになったよ。

それ程にも盛り上がっていなかったW杯への思いが強くなったよ。

頑張れ!ニッポン!


image.jpg


日本人なら、つべこべ七面倒臭いこと言わんと、熱く日本代表選手を応援しましょうよ♪

誰にも遠慮はいらん!のでありますよ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日出処 (初回限定盤A CD+Blu-ray) [ 椎名林檎 ]
価格:3979円(税込、送料無料) (2019/2/23時点)




ラベル:NIPPON 椎名林檎
posted by 遅咲き櫻 at 11:55 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

アリス 紗良・オット〜美しき裸足のピアニスト 『笑ってコラえて!』に出演


昨夜の『笑ってコラえて!』スペシャルには、素晴らしい才能と美貌を兼ね備えた女性が紹介されました。

ひとりはOECD勤務の村上友紀さん。

そして、もうひとりは半分日本人の血を引くドイツのピアニストであるアリス 紗良・オットさん。

image.jpg


Alice-Sara Ott。
1988年8月生まれのドイツ・ミュンヘン出身のピアニスト。

Alice Sara Ott/La Campanella

情熱的な演奏です。

お母さんが音大でピアノを勉強していたそうですが、娘には幼い時から一つの事に固執せず可能性を広げて欲しいという考え方をお持ちのようでした。が、3歳の娘は1年もの時間をかけて母を説得してピアノを習えるようにして、その後はメキメキ才能を伸ばしていったのでした。

インタビュー

こちらの動画の方が昨夜の『笑ってコラえて!』のアリスさんに近いです。

昨夜のアリスさんは少しロックテイストな雰囲気を醸し出す風貌でした。とても魅力的♡

妹のモナさんもピアニスト。特別に連弾をしてくれました。

母とは日本語、父とはドイツ語で話し、ドイツの学校に通い、週末は日本語補修学校(在ドイツ日本人の交流の場)で日本人の子供達と交流して育ったそうです。

日本語とドイツ語で物事を考えられるようにとの親心からでしたが、それでも国民性や習慣の違いから自分のアイデンティティという壁にぶつかり悩んだ事もあったそうです。

言葉だけでは足りないものがあった。

ドイツと日本の感性を持ちながら、どちらかに傾くと自分が自分でなくなるアイデンティティの危機。

悩みながらも演奏を続けていくうちに「拍手喝采の中で自分の言いたい事が伝わった」と感じたアリスさんは「私の居場所は舞台」であると確信しました。

自分のアイデンティティをしっかとつかみ取ったピアニストの演奏はとても個性的で魅力的で聴いても観ても素晴らしい!

肌の色、言葉の違いは関係なく「音楽はどこへ行ってもみんなが分かる言葉」

強くて美しいアリスさんでした。





posted by 遅咲き櫻 at 10:51 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする