75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2018年08月20日

あのマドンナも還暦祝い


1980年代は様々なスタイルのプロモーション(ミュージック)ビデオによって音楽番組が活性化されていた。音楽界も勢いが増して色とりどりのスターが輩出された。

一部のスター達の意識も新曲を聴かせるというだけではなく見せる時代になっていた。

今や大御所となったスター達が、まだ幼さすら残る面差し、細っこい体で世界のショービズ界に殴り込みだ!

あのジョンもあのジョーも、ジョージもサイモンも・・・

マイケル・ジャクソンは子供の頃から兄弟達と活躍していたので知ってはいたけれど、美しく成長した若きスターの姿を見ることが出来るのは過去の音楽番組出演のフイルムの存在もあるが、他国人にとっては新曲を出す時に作ったPVが手っ取り早い

ジャクソン5「ベンのテーマ

幼い時から美しい青年になるまでのマイケルをUPして下さっている

もうすぐマイケルの60歳の誕生日がくる。あのマイケルも存命なら還暦だ。

マドンナは最近60歳を迎えて
「Finally and at last its my Birthday! 🎂💕🎉🌈💕💃🎂♥️🇲🇦. I have survived! 🔥🔥🔥!Life is Beautiful! 」
とツイートした。

私は生き残った。人生は美しい!

マドンナらしい言葉だ

マドンナの逞しさを見習って生きていこう!

シニアウーマンやで。マドンナ見習うにゃ、計り知れない努力と強靭なメンタルが必要だからどうも無理っぽい(^^;

ぼちぼちやって行こうね、アラカン世代の皆さま




posted by 遅咲き櫻 at 12:50 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

青春の一曲


実は二曲💦


3FC10BA6-8D1E-4050-BA98-6AA291DD73DD.jpeg


1970年代に日本でも人気があったイギリスのアイドルグループ「Buster」のレコジャケ。

Bay City Rollers」がタータンハリケーンとして爆発的人気を得て、その後に続々とアイドルグループが日本に紹介されている。


D6776B7B-4663-493E-8BB2-F4BBAFD69EAF.jpeg


その中でも私が一番好きなグループ

ご本人達はアイドルというよりは本格的な聴かせるバンド志向だったとか。

少し年齢の高いBCRに比べてバスターはほぼ同年代で、それだけに親近感が芽生えた

レコジャケ帯に「青春に拍手」の言葉✨

青春なんて言葉はいつの頃からかとんと聞きませんし、使いませんねー平成。私が10代の頃は「青春」が特別な言葉だったし、よく使われていたのにねー昭和😆

ま、青臭くいきますか

ほらここにも「青春」の文字が・・・

04F9EF58-3AB9-4B3C-9B0E-8AE4DFF72833.jpeg


「青春」の一曲

Dedication(青春に捧げるメロディー)

泣けてくるーー


「青春」の一曲

Sunday(すてきなサンデー)



シニアウーマンですけど・・・

心はまだまだ青春なんやで•*¨*•.,,♬︎
posted by 遅咲き櫻 at 18:16 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

トレイシー・ウルマン〜They Don't Know


80年代、洋楽のプロモーションビデオが楽しかった時代です♪( ´▽`)

いま観れば野暮ったいのもありまするが、音楽としては今でも古臭くないんではない?


They Don't Know(邦題“夢みるトレイシー”)

ポール・マッカートニーさん、ご出演。


夢みるトレイシー

Xmasシーズン好きなせいか、私はこちらの方が印象深いです。

トレイシーの声がいいですね。表情も豊か♪

同じ時代のシンディーちゃんもマドンナも良かったのですけれどね♪

当時はトレイシーを深追いしなかったのですが、トレイシーて故国イギリスではミュージカルの舞台で名を売り、BBCのテレビシリーズに出演して、舞台やテレビで数々の賞を受賞していた人気者だったのだ!

そして、1980年代にアメリカに渡り、1987年よりトークショー『The Tracey Ullman Show』の司会を務めてアメリカでも成功♡

ドラマ『アリー my Love』にも出演し、どちらでもエミー賞を受賞。


☆トレイシー・ウルマン(Tracy Ullman)

生年月日 1959年12月30日(54歳)
出生地 イギリス・バークシャー州スラウ
配偶者 Allan McKeown (1983年〜)

『トレイシー・ウルマン・ショー』
『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』
『デブラ・ウィンガーを探して』など出演

コメディエンヌであり歌手であり、要するに日本の「ちょっと歌のレッスンした程度ですけど歌います。ちょっと名前が(ゴリ押しで)売れたんで、今度は映画の主役もします。映画はこけましたけど、ドラマもやります。」のタレントとは違って、トレイシーはダンスも歌も演技もコメディも出来る本格派。

ほんの数分のプロモでも世界中の人達を十分に楽しませてくれるわけですね。


“夢みるトレイシー”たまに聴きたくなる一曲です。

ドラマもいいけどお歌もね。

ここしばらくは歌の気分。
posted by 遅咲き櫻 at 00:49 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

アルバート・ハモンド〜落ち葉のコンチェルト


暑いあついと騒いでいるうちに、急に寒くなって、今年は秋らしい秋の気配を感じていないような気になった。


落葉のコンチェルト
For the Peace of All Mankind/Albert Hammond

中学生の頃、ラジオから流れて来た美しい曲。

邦題の『落ち葉のコンチェルト』で、もう40年もの間この曲は秋の定番曲になってしまっている。

改めて訳詞を眺めていると秋の気配らしきものが感じられない。

彼は人類の平和を考えていらっしゃる。

「人類の平和のために、僕の心の安らぎのために早く僕の心から消え去ってくれ」

でも、失恋の歌だし、曲調も何となく秋ぽいし『落ち葉のコンチェルト』というのは『人類の平和のために』より情感的で素敵。

このタイトルだから40年も聴き続けて来たんじゃない?

◇Albert Hammond(アルバート・ハモンド)

生年月日 1944年5月18日
イングランド・ロンドン
歌手、ミュージシャン、作曲家、プロデューサー
楽器 ギター、ピアノ
活動期間 1960年から現在
公式ウェブサイト alberthammond.net

若い頃は見過ごしていたのかな、、、とてもハンサム❤

こちらの方がセールス良かったんだっけ?

カリフォルニアの青い空
It Never Rains In Southern California /Albert Hammond

この頃の洋楽は情感的で美しくて素敵な楽曲が多い。
急に思いたって聴きたくなる楽曲が多い。

そして、ノスタルジックな思いにさせてくれる。


posted by 遅咲き櫻 at 18:51 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

同世代の20世紀少年〜デフ・レパード

Def Leppard

20th Century boy


かっこいい

マーク・ボランとは別の魅力がある


生まれた時代が違うからか

持って生まれた資質の差か


同世代のBON JOVIといい

退廃とは無関係(?)

きっと魔術師とも縁がない(?)


ホントのところなど分からない

マーク・ボランとは違うってだけ


T.Rexを見て衝撃を受けた11歳の少年は

ロックに目覚めてしまった

そして

シェフィールドから世界に飛び出した

マーク・ボランの年齢はとうに越えている


偉大なる永遠のアイドルへのトリビュート
CD版 20th Century boy

posted by 遅咲き櫻 at 12:31 | あいらぶ洋楽・あいらぶロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする