75C32B65-CEBC-42EB-95C6-59883A619C14.jpeg

2014年09月18日

田中哲司さん仲間由紀恵さん結婚


いよいよ結婚

田中哲司さんはいい俳優さんです。

仲間由紀恵さんとの報道では、まるで田中哲司さんでは格が違うと言わんばかりのものがありました。

「馬鹿言っちゃあ、いけね〜よ」

田中哲司さんはどんな役も自然にこなして悪にもなり、善にもなり、今のドラマ界になくてはならぬ存在です。

その人物を少しは知ろうと努力してから報道してね、マスゴミさん👊


☆仲間 由紀恵(なかま ゆきえ)

生年月日 1979年10月30日
出生地 沖縄県浦添市
身長 160 cm
血液型 A型
日出女子学園高等学校卒業
5人兄弟の末っ子
普通自動車免許、スキューバダイビング、2級小型船舶操縦士の資格を持つ
特技は琉球舞踊(師範代レベル)
所属 プロダクション尾木

第56・57・59・60回『NHK紅白歌合戦』紅組司会を務める。

2006年(平成18年)大河ドラマ『功名が辻』に山内一豊(上川隆也)の妻の山内千代(見性院)役で主演。

個人的には『TRICK』の山田奈緒子や『ごくせん』のヤンクミのようなコミカルな役がお似合いかと思います。

税務調査官・窓際太郎の事件簿シリーズの椿薫役の麻生祐未さん、

法医学教室の事件ファイルシリーズの二宮早紀や早乙女千春の添乗報告書シリーズの早乙女千春役の名取裕子さん、

ゆくゆくは市原悦子さん。

大真面目なんだけどクスッと笑える味わい深いコメディエンヌの路線で行って欲しいという願望あり!


マスコミの報道とは反対で、田中哲司さんとの結婚て、女優・仲間由紀恵にとって大きいと思うのですけど、いかがなものでしょ?


田中哲司さん、仲間由紀恵さん
ご結婚おめでとうございます。


関連記事
田中哲司〜今のドラマを語るになくてはならない存在
posted by 遅咲き櫻 at 11:27 | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

梶光夫さんの天職〜明石家さんまの転職DE天職3


ブラザートムさんが元ピアノ調律師で、あのレイ・チャールズ来日の際にピアノの調律をしたというお話は良かったですね。

レイ・チャールズがトムさんにかけた言葉

「君の顔は忘れないよ」

ハンディを上回る自信と余裕のある人物像が思い浮かびます。

歌で人々を感動させるレイ・チャールズさんの人柄が伝わる素敵なお話でした。


……………………………


昔むかしのお話

日本の歌謡界は、まだまだ美しい言葉や旋律にあふれていました。

幼い時にテレビや有線から流れてきた数々のフレーズは、いま懐かしさと新鮮さを感じさせてくれます。

梶光夫さん 青春の城下町

うっすらとした記憶しかないものですから、曲名は改めて知った様な始末です。

昔のアイドルさんはナチュラルで清々しさがあります。

御三家の橋幸夫さんや舟木一夫さん、西郷輝彦さんは時々お見かけしますが、梶光夫さんは本当に久しぶりでした。


☆梶 光夫(かじ みつお)

本名 梶 芳道
生年月日 1945年3月7日
大阪府大阪市出身

遠藤実門下に入り、1963年12月に日本コロムビアより「黒髪」でデビュー。3作目となる「青春の城下町」が大ヒット。
TVドラマ「若いいのち」では主題歌を歌い主人公を好演。映画にも出演。
その後も「可愛いあの娘」「わが愛を星に祈りて」「アキとマキ」など数々のヒット曲を出した。1965年、高田美和とのデュエット曲「わが愛を星に祈りて」のヒットは、ふたりで歌う青春純愛路線の作品のきっかけとなった。

しかし、父親との5年間だけという約束もあり、家業を継ぐために1970年に歌手を引退し、現在はジュエリーデザイナー、宝石鑑定士として活躍している。時折ステージに立ち歌も披露。

当時の梶光夫ファンであった女性方が梶さんのデザインされたジュエリーのお得意様になられているみたいですよ。

羨ましいことです。

image.jpg

私には、高価な宝石よりも昔のおぼろげな記憶と共に心の片隅に残った言葉や旋律の方が価値がありそうです。

梶さんは、はんなりとした関西弁が優しい素敵な70代をお過ごしですね。

綺麗なものに触れる日々は生活にも人物像にも反映されるものなのかもしれません。

いえ、梶さんの生来のお人柄かな。

関連記事
明石家さんまの転職DE天職
posted by 遅咲き櫻 at 23:13 | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

フィギュアスケーター浅田真央を語るブログ


フィギュアスケートが好きな私は、浅田真央という類まれなる才能を持つフィギュアスケート選手を知る。

まだ幼さが残る15歳の少女は恐れも知らぬ生来の天真爛漫さで、氷上を我がものにしていた。

そして、可愛い笑顔でピョンピョン飛び跳ねて、日本人の心を鷲掴みにした。

ロシアの世界女王、イリーナ・スルツカヤを破ったGPファイナル。

そんな偉業も、その少女にとっては当然のことのように見えた。

この先どんな選手に成長するのだろう。

期待に心を躍らせた。

その期待を裏切られることはなかった。

才能に上回る更なる努力を重ねる少女であった。

この時代に1番難易度の高い演技を選手に課し、1番妥協のない1番厳しいロシアのタチアナ・タラソワさんに師事した。

タラソワコーチの指示によりバレエレッスンも受け、技術はもちろんのこと表現力、芸術性も高める努力を惜しまなかった。

その鬼コーチが「休みなさい」と言う程の練習の虫であった浅田真央選手。

その努力は彼女を裏切らなかった。

その演技に人々は魅了された。

時に涙し、感動を心に刻んで、その演技と名前は永久に記憶にとどまる。

image.jpg

しかし、採点には不思議な現象が起きていた。

続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 17:57 | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

山本陽一さんの現在〜ジャニーズのライバルだった、かつての青春アイドル


☆山本陽一(やまもと よういち)

生年月日 1969年2月24日
出生地 大阪府豊中市
血液型 O型

映画『パンツの穴』(1984年)で菊池桃子とW主演でデビュー。

『夏・体験物語2』
『季節はずれの海岸物語』など青春ものを中心に活躍。
必殺シリーズ『必殺仕切人』で京マチ子さんや中条きよしさん、小野寺昭さん、芦屋雁之助さん、高橋悦史さん、そして西崎みどりさんと共演していた。

爆報で山本陽一さんの現在を知る前に偶然にも『必殺仕切人』を観ていたこともあって、芸能界から離れておられることに驚きました。

青春ドラマを主体でやって来た山本さんは90年代トレンディドラマの波に乗り切れず、徐々に失速。

Vシネマや舞台にも活躍の場を広げていたそうですが、40歳の山本さんを突然の病が襲いました。

「夏風邪かな?」と思いつつも仕事に追われていたところ、高熱が出て、ようやく受診。

心臓が2倍に肥大していたそうです。

病名は劇症型心筋炎

初期症状としては、全身関節痛、微熱、嘔吐など風邪と勘違いしやすいものらしく、放置が長引けば突然死という最悪の結果もあり得る要注意疾患です。

山本さんも5日間の昏睡状態が続き、その生存率はナント5%!

相当危険な状態に陥っていたようです。

何とか命はとりとめても、山本さんの場合は心臓機能が健常時から3割ダウン。

それまでの調子では身体がもたないということで失職。

様々な職に就いてはみたものの身体がもたなかったり、

アイドルに何が出来るんだ?風鼻で笑うといった雇い主との面接もあったそうです。

芸能界も楽ではないと思いますけどね。

表向きの華やかさが命の芸能界では、こんな誤解もありそうです。

落ちぶれたというイメージもあるのでしょうね。

2年前には離婚、1年前に大阪の実家に戻られ、頭を下げてお父さんの機械部品会社で働かせてもらっているとのこと。

第2の人生を今、平身低頭でお得意様まわりをして、お父さんに認めてもらおうと奮闘中。

そして、離れてしまったひとり娘さんのために毎月養育費を送金して、ゆくゆくは良い形での再会が出来たらと願っておられるようです。

しっかりとしたご実家の存在が救いですね。

芸能界の一線を退いた多くの方達の転落を思うと山本さんは恵まれています。

今の山本陽一さんは40代としての貫禄も出て、アイドル時代よりもハンサムでした。

posted by 遅咲き櫻 at 20:07 | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

仲雅美再び〜爆報!THE フライデー


『爆報!THE フライデー』

仲雅美さんが30年ぶりにドラマ出演されたとかで、かつて乙女心をときめかせたハンサムなスターさんが復活されるっていう話題は嬉しいものだ。

でも、求められた役どころが怪しいキャラクターてのは複雑。

私の知っている仲雅美さんは正統派ハンサム俳優なのに。(u_u。)

それでも、メイクをしてスーツ姿に変身した仲さんは流石だと感じた。

色白に戻ったら、更にハンサム度がアップするよ。間違いなく。

冬の雲オープニング

ドラマの内容は覚えてない。

でも、このオープニング曲は覚えている。

何十年も経ってYouTube様のお陰で聴くことが出来た。

2度とお目にかかれないと思っていたドラマや人々に再会出来るのはYouTube様のお陰です。
ありがとうm(_ _)m


人間の唯一の平等は生を受けた瞬間から死に向かって生きること。

それがことのほか早い!
早いの!

マツコと有吉君も言ってたっけ。

40過ぎて時間の進みが早くて、それによって老いを感じているのだと、マツコさん。

私の場合は50迎えた頃だな。

死というものが妙に現実化して来るの。

周りの人が鬼籍に入るのを幾度か見送ることで徐々に心構え、覚悟が出来て来るものなのかもしれない。


ポーリシュカ・ポーレ

仲雅美さん、ホントにハンサムだったな。


さぼてんとマシュマロ

若かりし日の仲雅美さん、吉沢京子さん、そして、在りし日の沖雅也さん。

吉沢京子さんと言えば、仲さん30年ぶりのドラマ『ペテロの葬列』

柔道一直線』主演の桜木健一さんも出演してたね〜♪

柔道一直線の桜木健一&吉沢京子


お二人共、可愛い。

オープニングの対戦相手は仮面ライダー2号・一文字隼人の佐々木剛さん。

大火傷でご苦労されていたことも爆報で語られていた。

仮面ライダーと言えば、V3の宮内洋さんも今日の爆報で大病されていたことを知った。

宮内洋さんもかっこ良かったよ〜♡

あの時、みんな若かった。



関連記事
『爆報!THE フライデー』〜仲雅美と沖雅也
posted by 遅咲き櫻 at 20:49 | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

テイタム・オニール〜ペーパー・ムーンで魅せた子役ぷり


70年代、ティーンアイドルとして群を抜いていたのはテイタム・オニールだった。

『ある愛の詩』で一世を風靡したライアン・オニールを父に持ち、父娘共演で幸せな2世アクトレスとして順風満帆のように見えていた。

日本での人気は10代のスターの中ではダントツだった。

☆テータム・オニール(Tatum O'Neal)

本名 Tatum Beatrice O'Neal
生年月日 1963年11月5日
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
配偶者 ジョン・マッケンロー (1986 - 1994)

アカデミー賞助演女優賞
1973年『ペーパー・ムーン』

ペーパー・ムーンメイキング

そんな順調に見えたテイタムだったが、やはりいつの間にか名前を見かけることがなくなっていた。

テニスコートの暴れん坊ジョン・マッケンローとの結婚で久しぶりに名前を聞いたのも、もうかなりの昔話になってしまった。

マッケンローとの間に3人の子供に恵まれるが、1992年に離婚。離婚時、テイタムがヘロイン中毒だったので、3人の子供の養育権はマッケンローが持ったそうだ。

ハンサムな父との共演など、幸せを絵に描いたようなあの少女には、ひとには言えない苦悩があったようだ。

両親からの虐待、父親にドラッグを売っていた売人からの性的虐待、子役としての全盛期に何度も繰り返した自殺未遂。2005年刊行の自伝での告白は、すべての明るい想像を裏切る。

どちらかと言えば、ジョディの方が若くして憂いが感じられた。

フィルターごしの人物像など、その真実はなかなか分からないものだ。と、つくづく思ってしまった。

続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 17:07 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスティ・マクニコル〜あの時、君は若かった


『ロードショー』
『スクリーン』

雑誌の中に眩いばかりのスター達が明るい笑顔を振りまいていた。

私よりも少し年下の才能ある女優が数人、70年代後半から80年代はじめの頃の映画を活気づけていた。

だが、80年代も半ばに差し掛かると、その名前は雑誌の中に見つけることはなくなっていた。


☆クリスティ・マクニコル(Kristy McNichol)

生年月日 1962年9月11日
出生地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優、歌手
配偶者 Martie Allen
主な作品
『ファミリー/ 愛の肖像』、『リトル・ダーリング』

1970年頃から兄のジミー・マクニコルと共に子役としてテレビコマーシャルなどに出演し始める。

私の記憶の中のクリスティは10代のボーイッシュな明るい笑顔まで。

今回ネット上にある彼女の情報には驚きがあった。

18歳の頃には過労や仕事への酷評から精神疾患に陥り、仕事が続けられない状況だったようだ。

1980年代半ばに一時休養。
1988年にカムバック。
テレビのホームコメディーシリーズで主役の一人を演じ好評を得るも、1992年に鬱症状のため番組を降板。再び表立った活動は少なくなり、2001年には正式に引退を宣言。その後は演技学校で教えたり、チャリティ活動への専念が報じられているそうだ。

クリスティ・マクニコル

若かりしマット・ディロンやテイタム・オニールもちらほら♪

さよならジョージア

素朴さがいい。


今が幸せであれば嬉しい。


関連記事
テイタム・オニール〜ペーパー・ムーンで魅せた子役ぷり
ダイアン・レイン〜ストリート・オブ・ファイアー
posted by 遅咲き櫻 at 16:04 | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイアン・レイン〜ストリート・オブ・ファイアー


ブログを書くのってアレだね、、、

お酒と一緒、、、

飲みだすと癖になるし、飲まなくなると疎遠になる。

書きたいことは沢山頭に浮かぶのにログインすらしなかった。

ログインに必要なメールアドレスやらパスワードをうっかり忘れてしまうところであった。

この度、久々に『ストリート・オブ・ファイアー』を観て、洋画雑誌の中のローティーンのダイアン・レインを思い出してしまった。

そういえば、テイタム・オニールとクリスティ・マクニコルという10代の女優達も人気が高かった。

そうそう、ジョディ・フォスターも忘れてはならぬ。

ダイアンよりも少しばかりお姉さんのテイタム、クリスティ、ジョディだった。

子役の枠を飛び越えてそれぞれ達者で個性的で立派な女優さんであった。


同じく10代であった私は、ボーイッシュなクリスティ・マクニコルが好きだった。

テイタムは、ファラ・フォーセットと浮名を流すライアン・オニールという父親の存在があったので、難なく出て来た2世アイドルと言った風情を勝手に決め込んでいたところがあった。

『ダウンタウン物語』『タクシードライバー』のジョディは、並のティーンエイジャーではなかった。

彼女達より少し後にやって来たダイアンには繊細さを感じたが、今思えば勝ち気な目は既にチャームポイントであった。

ティーンエイジャーとかチャームポイントとか青春とか、高度成長期の10代には普通に使われる言葉だったけど、今はあまり使われないの?あまり聞かないよね。

今は10代や青春て特別じゃないのかな。最近の学園もの(青春もの)に、あまり若さを感じられないところにも不思議感はある。金八先生、スクールウォーズあたりまでは若さや熱さを感じていた気がするけれど。


続きはこちらから
posted by 遅咲き櫻 at 15:22 | テレビで映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

敬宮愛子内親王殿下、伊勢神宮初の参拝に際し、三重県民の熱烈歓迎を受けられる。


本日、皇太子・同妃両殿下、そして敬宮愛子内親王殿下が揃って伊勢神宮を御参拝されます。

愛子内親王殿下は初の御参拝。

皇太子妃殿下は20年ぶりの御参拝。


皇太子殿下、皇太子妃殿下、敬宮愛子内親王殿下
28日三重県に御到着


三重県の皆様の熱烈なる歓迎を受けられて和かな御様子です。


愛子内親王殿下がお健やかに御成長されるに従い、妃殿下の御体調も少しずつ良くなられている様にお見受け出来る事は嬉しい限りです。

伊勢神宮に御参拝されて伊勢の御神気に触れられ、ますます心身の御健康が叶います様お祈り致します。

放送委員の敬宮愛子内親王殿下は伊勢神宮の式年遷宮の話題にも触れられたそうです。

御参拝の御様子を早く拝見したいものです。


いつの頃からか、、、平成の世になってからか、、、タガが緩んだかの様に皇室批判が噴出しています。

保守を謳いながら公然と批判を繰り返す輩もいます。これらの人々は本当に日本人なのか?
何者かに躍らされ、まことしやかに皇室に関するあらぬ事を拡めるなど、日本人には出来ない芸当です。

公の方々とはいえ幼子にまであらぬ噂話が言及された時点で疑問が湧くだろうと思うのですが、未だとどまる事を知らないところを見ると「本当に日本を壊すつもりなのだな」「その為に日本人の魂の支柱から壊していくつもりなのだな」「そんな連中がいるのだな」と確信します。

これが続いている間は、更なる国難が日本を襲うであろうという絶望感が消えません。

人には人それぞれの考え方がありますが、日本には日本の古来よりの理があって、それを踏みにじろうとするモノにはそれなりの天罰が下るでしょう。

開かれた皇室と言われて久しいですが、開かれ過ぎるのはよく無いのだとつくづく感じる平成の世です。

参拝された皇太子殿下、妃殿下、愛子内親王殿下に伊勢の神様が微笑まれると、仇なす輩に天誅が下るやも知れん。

だいたい、皇室のどなたかのお気持ちを察して語る得体の知れない皇室評論家とか関係者などの言葉に疑問を持たずに耳を傾けるなど愚かしい。

畏れ多くも皇室の皆様のお気持ちを「察するなーーー!」


posted by 遅咲き櫻 at 10:02 | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

『ジョジョの奇妙な冒険』エンディング


ジョジョ初心者マークなんすけど、もう一丁行っていいっすか?

勝手に行きますけど。

エンディングを聴いて「これってすっごく久しぶりなんすけど〜」

ガールズバンドって言うとお軽い感じに聞こえますけど、70年代、80年代には同世代のイケてるロックガールズがいました。

ジョジョのエンディングは『MANIC MONDAY』でもその名が知れている

☆バングルス(The Bangs)

スザンナ・ホフス (Susanna Hoffs)
 (1959年1月17日 - ) ヴォーカル、ギター

ヴィッキー・ピーターソン (Vicki Peterson)
 (1958年1月11日 - ) ギター

デビー・ピーターソン (Debbi Peterson)
 (1961年8月22日 - ) ドラム

マイケル・スティール (Michael Steele)
 (1983年-2005年) ベース、ギター

旧メンバー
アネット・ジリンスカス (Annette Zilinskas)
 (1982年-1983年) ベース

楽曲は『エジプシャン

懐かし〜〜🎶

なかなか魅力的なバンドです。

綺麗なお姉さんは好きですか?


いやぁ〜、80年代ロックって本当にいいですね〜♪(水野晴郎さん風)


BANGLES公式サイト






posted by 遅咲き櫻 at 16:28 | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする